脳トレの効果

脳トレの効果については、確実と言えるような実験結果が現在のところまだないため、さまざまな説が存在しています。そして、そのための脳トレ教材も用意されているようです。これは、一般的な高齢者のかたや認知症のかたがたの脳を調べてみたところ、脳の血流量が極端なほど減っていたことがわかったからです。 実際には、それほど単純な話でもないのですが、まったくの有り得ない話でもなく、脳の血流を増すようなトレーニングをすれば少しずつではありますが、改善がみられるケースもあるのです。その中のひとつですが、脳を活性化させることと、能力がアップすることはあまり関係がないと言いつつも、脳を流れる血液の流れを良くして代謝量をあげることで、能力がアップすることは確かであるという説です。暗記力や記憶力などもアップさせてくれるそうですから、若いかたにも嬉しいですね。 と、言うことは、逆に血流量を増やしてあげたり、代謝量をアップさせてあげれば、能力が強化されてくるということにもなりますね。そして、血流量とともに、代謝量も同じように大変減っていたわけです。では、血流量も代謝量も充分な若い世代にはどうか、という話になりますが、若い世代の場合には、ただ単に脳の活性化を目指すよりも、さまざまなことをトータルして司っている部分、つまり「前頭連合野」という部分を鍛えるのが良いと言う説もあります。 興味をお持ちのかたは、そのような脳トレ教材を試してみるのも良いでしょう。そういった意味では、血流量と代謝量が減少している高齢者には、効果的であると見なすこともできます。

相互リンク