政府の目標

政府の目標は2012年度までに後発医薬品のシェアを30%まで引き上げるというものです。単に医療費の削減と言っても進むはずはありません。後発医薬品には行われていない試験も多いのです。何もせずにシェアを伸ばすことなどできないのです。いろいろな人がそれぞれの立場で後発医薬品についての提案をしています。 製薬会社に改善の余地があることも指摘されていますね。そのために成分は同じでも安全性に問題がないかの証明が十分になされていないと指摘されているのです。そのために関心も高いのです。それが後発医薬品が普及しない原因の一つと考えられているのです。後発医薬品を製造している製薬会社に対しても、試験の強化や信頼性を高めるための方法の検討が必要です。 私たちの生活においては、医療費は大きな支出のひとつとなっています。多くの人が恩恵を受けると考えられる後発医薬品は今注目を集めているのです。それらが医療従事者に不要な不安感となっているのです。一気に後発医薬品の普及が進むわけではなく、徐々に改善していくことが大切なのです。そのための具体的な方策として後発医薬品の利用推進があるのです。 基本的には後発医薬品を推進しやすくするための方法です。しかし、後発医薬品の品質について、医師の間では強い懸念があるようです。新薬を開発するときには様々な試験が課せられています。これらの点を改善しようとする動きもあります。後発医薬品の中には先発品とは異なった現象となるケースもあるようです。

相互リンク